会 津 若 松 駅



 【概要】
当駅には磐越西線と只見線が乗り入れており、このうち磐越西線を所属線としている。また、磐越西線はJR貨物の第二種鉄道事業区間でもあり、当駅はJR貨物の貨物駅でもあるが、現在はオフレールステーション(コンテナ集配基地)に移行している。

 磐越西線においては途中駅であるが、当駅から北東と北西へ線路が走っており、スイッチバック構造をしている。そのため磐越西線が使用するホームも頭端式ホームとなっており、当駅をまたいで運転する列車は方向転換を行う。南方向に只見線が分岐し、同線西若松駅を終点とする第3セクターの会津鉄道会津線の列車も只見線経由で当駅まで乗り入れている。

 2002年、「歴史と文化、そしてでんとうが 息づく街の玄関口の駅舎」として、東北の駅百選に選定された。


【モデルコース】
HP「会津若松観光ナビ」のモデルコースをぜひご覧下さい!
ルートマップや、その他詳細の記載が多くありますので、ご活用下さい。
詳しくはこちら


【特産品・お土産・観光施設等の紹介】
詳しくは
@「会津若松観光ナビ
A「極上の会津HP
をご覧下さい。


【市町村でのイベント等】
■会津三匹獅子舞 (会津彼岸獅子)
 [開催日] 平成24年3月20日(火・春分の日)
 [会場] 鶴ヶ城、阿弥陀寺、ほか市内各所
 [概要] 長い冬が終わりを告げ、春の彼岸入りとともに、3体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせ古式ゆかしい舞を披露しながら市内を周ります。豊作と家内安全を祈り、春の訪れを喜び合う会津の伝統行事です。鶴ヶ城、阿弥陀寺他市内各所で舞を披露します。

■鶴ヶ城さくら祭り
 [開催日] 平成24年4月14日〜15日
 [会場] 鶴ヶ城本丸他
 [概要] 鶴ヶ城公園の桜の開花時期に合わせ、いなせな法被(はっぴ)姿の担ぎ手衆が神輿を繰り出します。宵祭りと本祭り。夜と昼の神輿が楽しめます。

■第33回会津若松市子どもまつり
 【開催日】 平成24年5月3日
 【会場】陸上競技場・サブトラック・文化センター
 【概要】 ボランティアの人たちによる手作りの広場で、楽しく遊ぼう。子供たちが楽しめるイベントも満載!ゴールデンウィークを会津で思いっきり楽しもう!ぜひ、友達や家族みんなで遊びにおいで下さい。

詳しくは@「会津観光ナビ」をご覧下さい。



閉じる